10日間チャレンジ「子育てビフォーアフター」Day10

食事の時間になっても息子はゲームに夢中で、、、
最終回 アメリカから 11歳男子のケース

 

 

ビフォー

 

夕食の時間になって、呼んでも11歳の息子は返事もしません。
それどころか、食卓にも出てきません。
何度呼んでも返事をしないので、
部屋に呼びにいくと、
私を睨んで無視してきます。

ゲームに夢中で、ゲームを止めるようにいうと、
今度は攻撃的になって、時には私に手を出すこともあります。
この先どうなるのか?不安です。。。

今の時代は、
テレビやコンピューター、ゲームなどの様々な
スクリーンがどこのご家庭にもありますよね。

これらのテクノロジーは使い方によっては
双刃の剣にもなりかねません。

大変に便利なものなのですが、
一方で、スクリーン依存症になる
危険性があると言われています。

依存症ですから、やめたくても気になってしまって
やめられないのです。
ご飯を食べるのも忘れて夢中になってしまうのですね。
それが依存症の特徴でもあります。

スクリーン依存症の対応の仕方って、
実は、アルコールやタバコなどの依存症の対応の仕方と
同じだと、皆さんは知っていますか?

多くの人たちが、この『依存症』に気がついていなくて、
困っています。

『どのようにゲームをやめさせられるか?』
『スマホを一日中見ているんです。どうしたらいいですか?』
というご相談がきます。

 

アフター

 

今までは食事の時間に食事を食べない時には、
後から息子が食べれるように、
食卓にラップをして置いておきましたが、

先生方にアドバイスしていただいたように、
食事の時間に出てこない時には、
”夕食はなし”ということに変えました。
最近は、ブスッとした顔で出でも、食事の時には部屋から出てくるようになりました。

 

 

『ゲームをやめられないから、食事の時間になっても
出てこない。でも、食事はお母さんがとって置いてくれるから、
ゲームの後でも食べられるわけです。
そうしたら、「別に今出て行かなくても後から食べればいいや。」ってなるわけです。
呼ばれることには意味がなく、ゲームを止める必要も彼には
ないと思いますよ。』

先生方のこのアドバイスは、その通りです。
でも、私はそのことに気が付きませんでした。

『同じことで、毎回カオスになるなら、
生活の中の何かを変えないと、解決には向かわないです。』

先生方のこの言葉は、私の胸に刺さりました。

私はいかにゲームをやめさせるか?ばかりを考えていました。

これから、まずは生活の見直しと、
行動を変えていこうと思います。

まだまだ、時間がかかるかもしれませんが、

先生から言われた
『お母さんが毅然とした態度でいてください。』の言葉を
いつも忘れずにやってみます!

 

方向性が見えたこのお母さん、
これからはきっと毅然とした態度でお子さんと接することができると思います!!
応援しています。

このケースは、負のサークルを作り出して、
いつも同じことの繰り返しで、お母さんが疲れてしまった
パターンです。

まずはお母さんが、気づいたことで
行動が変わります。

行動が変わりますと息子さんの反応が変わります。

いきなり完璧改善とははならないですが、
お母さんの姿勢を変えないことが大切です。

だから、子育ての軸。
自分が軸を持って子育てをしていくことが
大切なんです。

私たちは、このままにしておくと
この息子さんが次にはどのような行動を起こすか?の
見当がつきます。

それが行動科学なんです。

子育て講座は、
アカデミーのアドバイザーである
Dr.スペイツの監修のもとで開催されています。

 

目から鱗のプロからのアドバイス。

 

『今までは誰もこんなことを言ってくれませんでした。』

受講生さんの多くがこのようにおっしゃいます。

子育てをもっと楽しくしたいから〜

行動分析学からのアプローチと、
アドラー心理学・勇気づけの言葉がけ
原因を知って、改善に結びつける。

そのお子さんの行動を観察して、
お母さんの対応と照らし合わせてみて、
行動の仕方を変える、
そして、言葉のかけ方を変えるのです。

長いようでいて短い子育ての時間、
人生の中で貴重な子育ての時間
できれば、悩みや不安な時間を過ごすのではなくて、

子どもたちと楽しい時間を過ごしたいですよね。

 

講座内容

 

イヤイヤ期編(0〜6歳向け)

*情緒安定のためにスケジューリングと生活習慣
どうしてスケジューリングをすると情緒が安定するのか
*イヤイヤ期の対応の仕方と、その後の子どもの行動の変化
*知ってますか?イヤイヤ期と思春期反抗期の関係
*イヤイヤ期の子どもへの上手なことばがけとやってはいけないこと
*子どもの不安と恐怖とは?その時の上手な親の対応
*子どもの困った行動時に親が取るべき対応とは
*子どもの自己肯定感をあげる言葉がけ
*グループコンサル・最終回
Dr.スペイツの監修の元で必要がある場合は専門家からのアドバイスがあります。

 

プレティーンエイジャー期編(小学生向け)

*ティーンエイジャーになるとどうしてこうなるの?
(初回、グループコンサル参加型でそれぞれのお悩みを聞く)
*4つの親のタイプが今までに作り出してきた問題点と改善点
*思春期反抗期の親の心構えとこれからの対応
*生活習慣と将来的な様々な依存症の関係
*思春期の子どもの本音とSEXあれこれ
(性教育講座)
*子どもを成功に導くコツ
*グループコンサル・最終回Dr.スペイツの監修の元で必要がある場合は専門家からのアドバイスがあります。

 

サポート体制

・1回90分zoom講義X6回
・オンタイムで講義に参加できない場合は録画をお渡しします。
・参加した方も録画視聴で復習可能
・スペシャル価格での個別相談対応

講座詳細

受講日程:イヤイヤ期コース(0〜6歳向け)(6/4.18 7/2.16.30. 8/6木曜日
日本時間20時から
プリティーン期コース(小学生向け)(6/5.19.7/3.17.31,8/7 金曜日)
日本時間12時30分から
募集人数  :各コース10名まで
申込特典: 5月30日までのご入金を持ってお申し込み!
98000→59800円(税込み手数料込み!)
*2分割、3分割払い対応あり

お問い合わせ
お申し込みは下記に「子育て継続講座申込」とご連絡を!
https://1x4jwa.com/contact

Follow me!