バイリンガル・日本語継承を目指す親の会 代表。

自治医科大学看護短期大学卒業後、大学・総合病院に勤務。 
主任看護師として小児・成人・老年期の患者家族の看護・研究・新人看護師の指導に15年間携わる。
就業中、武蔵野大学「心理学」を専攻。 

2012年ベルギー移住後、自身を見直すことをきっかけにアドラー心理学に出会い
「アドラー心理学基礎」「SMILE」「ELMトレーナー」を受講、取得。

・現地子供に対して日本語の指導経験。
・reme「心の相談室」の回答、執筆。
・「海外こころのヘルプデスク24時」相談員メンバー。
・心理学、潜在意識、コーチングを取り入れ『海外在住女性のメンタルヘルスセッション』『やる気を引き出す子育て・対人関係コミュニケーション講座』、『起業支援』で活動中。
日本・ベルギー・カナダ・米・豪・蘭・独・仏など24カ国以上300名以上の方の支援実績。 

バイリンガル教育においては、思春期真っ盛りの男子2児を子育て中。
アドラー心理学を用いた「勇気づけの言葉かけ」や「独自の教育メソッド」でどちらも日仏バイリンガルに成長、さらに実践中。

中学生の男児2人は日本生まれ、長男は6歳から、次男は4歳からベルギーに移住。 長男はゼロから始めたフランス語でも小学卒業時には校内1位で卒業、2018年校内絵画コンテスト200人中1位。日仏英蘭のマルチリンガル児に成長中。 次男は、日仏バイリンガル、ただいま英蘭も習得中。 バスケットでは始めて1年で州選手に選抜される文武両道の二人。