「自分の家庭が教材」だから理解しやすく実践しやすい

アカデミーの講座は、子どもと自分にあった各家庭独自の日本語教育メゾッドを創っていくための学び。だから常に自分と子どもが教材になります。
発達と成長にあった方法で、日常の中に日本語を取り入れる方法を見つけていきます。
日本語を生活の一部にする方法を見つけた時、ごく自然に日本語が子どもに取り入れられ、継続することが可能になるはずです。

 

経験者と現役ママのアドバイスが心に響く

自身もバイリンガル子育てをし30年もの経験を持つ教師と×他言語の中で子どもを育てている現役ママのアドバイス。
絵本講師、勇気づけ講師、教育コンサルタント、育児コンサルタントの多面的かつ的確なサポートで、日本語教育のみならず育児の悩みも解消。幸せな家庭環境へと導きます。

 

日本語教育を長く続けられる土台ができる

親の日本語継承イメージを改革します。「勉強させる」から「自然に身につく」楽しく日本語を伝えるとはどういうことなのか? 日本語を継承する軸を持つことを講座を通じて身につけます。
これは、あなたと家庭の日本語教育の要になります。軸を持つことで、情報や周りの声に振り回されず、たとえ振り回されそうになったとしても素早く軌道修正ができ、これから続くバイリンガル教育を幸せに続けて行かれる秘訣を伝授します。

 

クラス紹介


世界中どこからでも携帯やタブレット・パソコンで受講していただける各時期の発達と成長に合わせた講座を各種ご用意しています。


どの講座を選んでいいのかわからない、バイリンガル家庭教育のお悩みに30分無料でお答えします。お気軽にご相談ください。


世界中どこからでも参加できるサロン。毎月専門性の高いオンライン講座60分とグループコンサルティングが受けられます。


世界の親子とつながるオンラインプレイグループ。0-6歳の未就学児向けに1回30分で楽しく遊びながら日本語継承をしましょう。

体験談

日本語、英語が遅く、環境が整っているシカゴで同じ年齢の子ども達と比べて焦りを持ったのが受講のきっかけです。 受講後、自分が一番大きく変化しました。 本やネットの情報に振り回され悩んでいたのが、講座で子どもの発達や特長を学んだことで 焦ることなく、子どもをよく観察して対処することができるようになりました。 受講して良かったのは、世界の同じ悩みをもった仲間との出会い、受講→実践→レビューという体系だった講座内容、4人の講師が惜しみない情報提供をしてくださった事です。 今、受講を迷っている方に是非お勧めします。

日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。 受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。 受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。 バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。

あいさつ

私たち4人は、それぞれ違う国に住む日本人母であり、妻であり教えることを仕事にしています。
日本語継承を目指す親の会がご縁で、全員の教育観がとても似ていることと日本語継承にかける熱い思いから、日本語継承ワールドアカデミーを設立しました。

4人が過去20年〜30年で築いてきた実績と経験をアカデミーのプログラムに総導入してできた新しいスタイルの家庭教育が『バイリンガル家庭教育』それぞれの環境とご家庭に合った家庭教育方法を作るお手伝いをさせていただいています。

ロケ タミコ

アドラー心理学勇気づけコーチ
ベルギー在住

 内野 尚子 

Universal KIDS代表
オーストラリア在住

 スペイツ 由美

異文化交流活動NPO:C&PIE代表
アメリカ在住

 浅野 葉子

EQ絵本講師Ⓡシニアインストラクター
ドイツ在住

MENU